英語で助言3つのパターン「think・suggest・why」

英語で助言をするパターンが3つあります。
 

I think that you should +動詞

文頭のI thinkをつけずに、you shouldだけでもいいのですが、
I think があると、マイルドな表現にできます。
thatは省略できます。

例 I think you should go on a diet. (ダイエットしたほうがいいんじゃない)

I suggest +that+~

ビジネスにも使われます。
ニュアンス的には、「したほうがよろしいのではないですか」となります。
thatは省略できます

例 I suggest you report on this matter to your boss.(この件について上司に報告しておいたほうがいいのでは)

Why don’t you+動詞?

親しい間で、使います
直訳だと「なぜしないのですか?」となりますが
ニュアンス的には、「したらどう?」となります。

例 Why don’t you take a break? 休憩したらどう?

コメントは受け付けていません。