英語で「忠告・警告」する方法 you had better

忠告・警告と聞いて「you had better」はおかしいと思ったかもしれません。
なぜなら、日本では「~したほうがよい」で習うからです。
しかし、ニュアンス的には「しないと大変なことになるよ!」という、忠告のほうが近いのです。
目上の人には、避けたほうがいいですよ。

「~したほうがよい」は、You should ~ を使うといいでしょう。

例 You’d better hurry up.(終電が近づいている友達に)急がないとだめだよ。

ポイント You’d=You had

You’re going to +V+if you don’t +V

「もし~しないと、・・・だよ。だから気をつけなさい」という意味

例 You’re going to be late for school if you don’t hurry up.(急がない学校に遅れるぞ)

コメントは受け付けていません。