英語で残念な気持ちを表現する方法「sorry・shame・bad」

英語で「残念だね」という表現のパターンを3つ紹介します。

I’m sorry that~

thatは省略できます。
I’m sorry は、「残念な気持ちになる」のほうがニュアンス的に近いです。
だからこそ、謝るときにも、残念な気持ちにも使うのです

例 I’m sorry that you can’t come.(あなたが来れないなんて残念だわ)

It’s a shame(pity) that~

thatは省略できます
shameもpityも残念なことという意味の名詞です。
I’m sorry よりも客観的なニュアンスになります

例 It’s a shame it didn’t make money.(儲からなくて残念だったね)

It’s too bad that~

thatは省略できます
ややインフォーマルな表現で使用します

例 It’s too bad you missed the party.(パーティーに出られなくて残念だったね)

コメントは受け付けていません。