望ましくない状況に使う英語「afraid」

望ましくない状況を残念に思うときに使用する英語は
I’m afraid that ~ です。
※thatは省略できます。

人の意見に対して、残念を伝える場合

例I’m afraid that I’m busy tonight.(残念んだけど今夜は忙しいです)

単にI’m bussyだけだと、ぶっきらぼうなので、I’m afraidをつけるとマイルドになります。

未来の良くないことを予測する場合

未来的に、望ましくない状況を推測する場合も使えます。

例 I’m afraid shie’ll fail the test.(悪いけど、彼女試験に落ちると思う)

コメントは受け付けていません。