英語で否定的な気持ちを表現「think・hope・better・afraid」

否定的な気持ち・意見を表現する場合、notをつけるのが基本です。
では、それぞれのパターンを覚えていきましょう。

I don’t think that~

thatは省略できます。
ここで注意したいのは、that以下を否定形にするのではなく
thinkの前にdon’tを入れるのが一般的です。

I hope that +・・・not~

I hopeの場合は、that以下にnotを入れるのが一般的です。

例 I hope it won’t rain.(雨が降らないといいんだけど)

You’d better not 動詞

ここで注意したいのは、hadにnotはつけません。
つまりこれは間違い→You had not better
正しいのはYou’d better not 動詞 になります。

例 You’d better not drink tonight (こんばんは飲んじゃだめよ)

I’m afraid that ・・・not~

I’m afraid that の場合はthat以下にnotを入れます。

例I’m afraid we won’t be able to get ther by two o’clock.(2時までにはいけそうにもないよ)

コメントは受け付けていません。